忍者ブログ

「比叡山飯室谷・不動堂」たより。大阿闍梨・藤波源信

「比叡山飯室谷・不動堂」があるこの地は、古来から「比叡山三大魔所」の一つとされています。 魔所とされるのは、恐ろし処という意味ではなく、清浄地であることより、ことの他、身を慎み、殺生などをしてはいけないという地です。 この霊験豊かなこの地で、皆様がより幸せであられますよう祈念しております。

八千枚護摩供養のこと・・・

今季、3月17日~18日に於いて、当寺院で厳修されます。
17日午前中には慈忍講があり、引き続き、護摩供養となります。
慈忍講とは、慈忍尊者尋禅和尚の報恩の法要です。
慈忍和尚は、比叡山の三大魔所の一処とされている
この地の先徳者であり「主(あるじ)」であります。
「不動儀軌」によれば
「八千枚護摩の修行を成就すれば、心中の願いが実現する。たとえば、高い樹の枝は折れ、飛ぶ鳥は落下、川の流れは止まり、水は逆さに流れ、山岳さえも移動する。人を惑わす邪な呪術の力を無くさせる。」とあります。
事実、高い樹は「高枝切りバサミ」があり、川の流れは重機で止まり、ポンプで上流に水を送り、山岳はダンプカーに土を入れて山が移動し、テレビ等の報道で人の思考が変わります。
誰かが、八千枚護摩供養を成就されたのでしょうか?。
飯室谷不動堂では、先々代の文応阿闍梨より先代の雄哉阿闍梨に継承されています。
現在私自身は、八千枚大護摩供養、前修行中でありますが、
「不動儀軌」に記されている前行とは、
「十万遍の念誦と菜食を」です。
菜食とは、五穀(米、麦、豆、粟、きび)の他に塩を抜きます。
当然、精進なので、肉、魚の他、ニラ、ネギ、ニンニクも食べません。
常食は、イモ類、果物、塩なしのナッツ類です。
内臓疾患の方の食事なのでしょうか?
改めて、食の大切さ、ありがたさを感じています。
そして、朝夕の勤行をしっかりとして、大護摩に挑んでおります。
                                 藤波源信

拍手[11回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
藤波源信
性別:
男性
自己紹介:
比叡山延暦寺 
大行満比叡山千日回峰行者大阿闍梨

1959年 三重県四日市市生まれ。
満17歳で比叡山延暦寺にて得度を得る。
1984年
回峰行初百日行達成後、一度比叡山を降り僧侶を辞め一般社会人として会社勤めを経験する。
1993年
十二年籠山行に身を投じ、同時に千日回峰行の修行に入る。
2003年 9月18日満行。
2005年 十二年籠山を円成する。
2013年
比叡山飯室谷「長壽院」の住職となる。
現在に至る。

P R